■「何かを言ってくれる誰か」を求め入会

志村洋一

志村洋一(2015年1月入会)

去年、仕事のつながりで、経営理念委員長の桝本さんとお知り合いになりました。
そして、当時、東京経営研究会の会長、栗駒さんを紹介していただきました。
商談も含めて色々なお話をしている中で「かわいがってもらえるよ」と入会をすすめていただきました。
実際、一人で仕事をしていると「何かを言ってくれる誰か」が必要だな、と感じていました。
例会をオブザーブして皆さんに学ぶところが沢山あると思いました。
懇親会でも色々な方からお声をかけていただき、今年、入会をいたしました。

■収益と安定性が経営課題

3月より独立・創業しました。
事業内容は「外国人アルバイト教育」、ベトナム人を中心とした留学生に、日本の文化・習慣を教えることで、彼らとお店の双方に喜んでもらうことです。
その教育のポイントはつかんでおり、お客様や留学生の方の信頼もいただいています。
しかし、収益とその安定性、学校と顧客の開拓は不透明であり、現在の主な課題です。
ベトナムと日本には大きな文化の相違があり、それがアルバイトする方と採用する飲食店様の間でストレスや誤解を生んでいます。
ベトナムの人としては悪気もなく、まじめな方でも、店長からすると日本の習慣が当たり前で、それが自然に出来ないと不真面目と誤解をしてしまう。
それを教える学校を作ることが、教員免許を持つ私の中期的な目標です。

■先輩方の失敗例に学ぶ

今年初めまでは社員ではなくても、一部、契約していた会社のリソースの中で仕事をしていました。
この春、独立して本当に一人での出発となりました。
手探りですが、チャレンジしますので、ご支援をいただければありがたいです。
例会には出来るだけ参加して幅広い視野を身につけたいと思います。
そして、経験豊かな先輩から失敗例を知りたいと思います。
「失敗に理由あり」といいますが、先輩の失敗例に学び、自分を高めていきたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

株式会社グローアップ 代表取締役
志村 洋一(2015年 総務委員会)

このエントリーをはてなブックマークに追加