■経営計画発表大会で感銘を受ける

渋谷 辰則【2015年5月入会】

現在の会社に3年前に入社しました。創業62年、今年設立50周年の高速道路の電設工事を本業としている会社です。社長の父が日創研にお世話になっており、入社後にSAからPSVまで受講しました。福井県での経営計画発表大会をオブザーブ、感銘を受けて富山経営研究会に2年所属していました。
今年から東京支店に転勤となり、この機会に東京経営研究会に入会いたしました。父が65になる、6年以内で事業継承する予定です。父は器の大きい経営者だと感じています。そんな父に追いつき、追い越すためにも学び続けていきます。

■今度は自分が創る番

課題は新卒採用と新規事業開発です。地元では縁故採用が中心で十分とはいえない状況です。関東での採用活動は今年からやりはじめた段階です。結果が出ていないのでこれからです。
新規事業の必要性は売上構成比です。NEXCOさん、高速道路関係の仕事が8割、道路公団民営化後の入札競合、顧客の固定化を考えると新しい別の柱となる事業を考える必要があると思います。
祖父の創業時に電柱・電線の設置工事、設立から7年後に高速の工事が中心となり、今度は自分の番だと思っています。

■採用のコツと新規の種を見つけたい

経営発表が決め手で入会しましたので、多少の緊張はありますが、挑戦します。是非、ご支援・ご指導をお願いいたします。そして、新卒採用のノウハウ、新規の種の探し方をご相談させてください。正直、まだ、いいアイデアがないので皆さんと学び、採用のコツと新規の種を見つけたいです。
また、最近、現場から離れて太ってしまったので、サッカーやフットサル、スポーツも始めたいと考えています。よろしくお願いいたします。

北栄電設株式会社 東京支店 支店長代理
渋谷 辰則(2015年 総務委員会)

このエントリーをはてなブックマークに追加