6月6日(木)日創研の東京センターにおいて、営業スキルアップ委員会主催(唐橋良幸委員長)の勉強会「仕事はストーリーで動かそう」が開催されました。

123

4月の例会でご講演頂いた湘南ブランディング研究所代表の川上徹也様からさらに「ブランディングストーリー」についてご教授いただきました。

456

例会の中でも商品やサービス、あるいは会社を伝えていく上で「ストーリー」にすることが受け手にとって受け入れやすいということを教えて頂きました。

その組み立て方、ポイントとして5つ①志②独自化のポイント③魅力的なエピソード④キャッチコピー⑤期待値を1%超えるアイデアを書き出してみるということを教わりましたが、勉強会では参加者全員が実際にチャート紙に書き出してみました。

789

最後に川上講師から一つずつチェックして頂きました。

興味深かったのは書き出したものを講師から質問をされると、具体的な言葉がドンドン出てくることで、書き出した後にたくさんの人に見せて確認、説明をしていくという作業が大切であることがよくわかりました。

その場でも参加者の方から魅力的なエピソードや説明が出てきていました。川上講師、本当にありがとうございました。

「独自化」というところでどうしても迷ってしまうことが多いかと思いますが、過去の経歴・経緯を振り返って「過去の気づき」などを探っていけば何かしら見つかるだろうということを学び、今回のようにまずやってみることが大事だということを改めて学びました。

川上講師、本当にありがごうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加