5月8日(木)、9日(金) 千葉は幕張メッセ国際会議場において「全国大会 in 千葉」が開催されました。

全国大会は、日創研経営研究会の三大事業の一つで、全国60の経営研究会の中から選ばれた経営研究会が担当し、 地域固有のテーマに基づいてプログラムを立てて運営されるものです。

IMG_0210 IMG_0213 IMG_0216

千葉経営研究会が主幹となって運営されるのですが、関東の代表ということこで、東京経営研究会をはじめ神奈川、埼玉、西東京の各経営研究会が副主幹となって運営されました。

東京経営研究会の参加者も8日は朝から準備と、全国から集まる会員の皆様のお出迎えに参加しました。

IMG_0356 IMG_0405 IMG_0412

運営側のメンバーは全員、今大会のテーマである「信念」の二文字が背中に入った黄色い法被を着て皆様のお出迎えとおもてなしをします。

まずは、国際会議場の入り口にメンバーが並んで皆様をお出迎え。 それぞれ久しぶりの仲間との再会に笑顔があふれていました。

お出迎えには千葉県のマスコットキャラクターの「チーバくん」も一緒でした。

IMG_0450 IMG_0459 IMG_0466

12時30分より入場、会場はすぐにいっぱいになり、熱気にあふれていました。 13時からオープニングビデオが流され、いよいよスタートとなりました。

本部副会長の今別府英樹様より開会宣言され、同じく本部副会長の武澤清則様のご発声で理念、目的、誓いを全員で唱和しました。

IMG_0472 IMG_0480 IMG_0481 IMG_0487 IMG_0491 IMG_0495

本部会長の田舞徳太郎様の開会挨拶、主幹の千葉経営研究会 会長の高橋光孝様の挨拶、ビデオで千葉県知事の森田健作様より挨拶がありました。

基調講演1「宇宙への挑戦~信念~ 山崎直子氏」

そしていよいよ基調講演第一として宇宙飛行士の山崎直子様の講演でした。 山崎先生は千葉県松戸市で生まれ育ち、その少女時代に松戸市にあったプラネタリウムで宇宙と出会い、宇宙に行くことを夢見て育ったということでした。

IMG_0504 IMG_0507 IMG_0524

お話はNASAでの訓練から宇宙での生活のことなど、とても興味深く、本当にワクワクするものでした。

IMG_0526特に印象深かったのが、宇宙飛行士に求められていることは一部の訓練を除けば特別なことではなく、リーダーシップや仲間との人間関係、そしてしっかりと長期目標を持って、それまでに起こる環境の変化に対応する力であるということでした。
宇宙飛行士に認定されても実際に宇宙に行くまでにはかなりの時間を要し、その間に宇宙開発の事業そのものが行き詰まってしまうこともあり得るので、すぐに結果を求めるのではなく、長期的視野に立って柔軟に取り組まなければいけないということでした。

また、地域の方や家族に定期的に施設などを公開していることに関して、「チームワーク」の一環だというお話も印象的でした。

IMG_0549地域の方や家族など協力してもらっている人すべてがひとつの「チーム」であり、その協力なくして成功はあり得ないのだから、関わり合う人全てとの「チームワーク」が必要だということでした。

講演後の質疑応答ではたくさんの方が質問の手をあげられましたが、山崎先生は壇上から降りて、質問する方の傍まで行って答えて下さり、その優しさ、気遣いから宇宙飛行士の人間力の高さも学ばせて頂きました。

基調講演2「医療と経営~あなたの最後も愛する人の病傷の時、何を望みますか?~ 亀田隆明氏」

続いて、基調講演第二として、亀田総合病院 理事長の亀田隆明様のお話でした。

「医療法人鉄蕉会 亀田総合病院」は千葉県鴨川市にある、日本最大規模の私立総合病院です。

IMG_0569IMG_0573なぜそのような巨大な病院が千葉県鴨川市という決して大きくない街にあるのかというところからお話し頂きましたが、理由は簡単で、鴨川が亀田家先祖代々の土地だったからだそうです。

江戸時代(19世紀はじめ)に、六代目の亀田自證さんが長崎で蘭学を学び、鴨川に戻った後に診療所と蘭学塾(鉄蕉館)を開いたのが始まりだということで、以来「臨床と教育」が亀田総合病院の2本柱だということでした。

また、大きくない、医療の過疎地帯ともいえる鴨川という場所において長く医療を行ってきたもう一つの理由が地域医療の充実のためだということでした。

それが近年の少子高齢化による医療費抑制政策のために、地方だけでなく都市部においても医療の供給不足を引き起こし、昨今この問題をだかいするための対策がなされてはいますが、すぐには医療従事者が育たないため、医療制度の改革や現在の資源の効率的な運用が求められており、亀田総合病院が中心的な役割を果たしていこうとされているということでした。

IMG_0598IMG_0578ITを積極的に活用した効率的な運営や医療大学を作って自ら人を育てるところから取組まれています。

また、学閥がなく、広く教育に力をいれているので、人はおのずと集まってくるということでした。

これからの超長寿社会に向けて、「Always Say YES ! (いつでもYES)」の精神で、患者さんの笑顔のために挑戦し続けるというお話しでした。

懇談会

講演後は会場をホテルに移して全体での懇談会でした。

IMG_0611IMG_0613各地の会員の皆様を各テーブルにて関東の主幹・副主幹のメンバーが、お越しいただいた感謝の気持ちをこめて「おもてなし」です。

ステージではJAZZバンドの生演奏などもありましたが、落ち着いた和やかな雰囲気で、それぞれ久しぶりの仲間との再会を楽しんでいらっしゃいました。

懇談会終了後は、会場入り口にてお見送りし、盛況のうちに1日目が終了となりました。

 

全国大会 in 千葉 2日目へ続く

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加