5月22日(水)18:30より浅草にあります台東区民会館にて5月例会が開催されました。

髙橋明希さんの司会進行でスタートし、浅野順彦さんによる開会宣言、栗駒和訓会長の挨拶がありました。

123

そして、今例会の主催であるリーダーシップ委員会の舟木なみ委員長より今回の講師である株式会社マルブン 代表取締役社長眞鍋明様のご紹介、ご登壇となりました。

496

最初に四国及び愛媛のマーケットについての説明からして下さいましたので、会社が置かれている環境が理解できました。
その中にある「マルブン」という会社の成り立ちをご説明して頂き、テレビで取り上げられたことで一躍有名になったこともお聞きしました。

758

忙しくなったことやご家族が大変な状況に陥ったことなどのきっかけで改めて経営について学び、日創研との出会い、会社を成長させるために人材育成に力をいれていかれたということを教えて頂きました。

1011

理念、ビジョンをたて、コアコンピタンスを定め、それに向けての人材をどのように育成していくのかをお聞きしました。

14

根本は経営者の「健全な価値観」であり、それが理念となり、理念が商品やサービスそして人材に反映される、だからこそ経営者は学び続けなければならないということを教えて頂きました。

2224

人材育成においては武道などで言われる「守破離」を通して行い、特に「守=基本」を徹底させることの大切さをお聞きしました。
続いてマルブンの人材育成室マネージャーである小山純様にご登壇頂いて、現場での人材育成についてお話頂きました。

3141

社員さんの成長が顧客満足につながり業績が上がっていくこと、お客様に喜んで頂ける商品・サービスを考えられる、提供できる人材を育成していかなければならないが、それが「押しつけ」にならないよう「お客様の立場に立って」できるようにならないといけないことを教えて頂きました。

42

理念の大切さ、それによる人材育成の大切さについて貴重なお話と共に教えて頂きました。
最後に白川洋平副会長より謝辞を述べさせて頂きました。

眞鍋明社長、小山純様、本当にありがとうございました。

また、今回もたくさんの方にご参加頂きましたこと、心より御礼申し上げます。

【出席数】
会  員  : 82名
オブザーブ:110名
合  計  :192名

このエントリーをはてなブックマークに追加