1月30日に2013年度第1回目の例会が開催されました。

最初に会長の栗駒和訓さんよりご挨拶がありました(新しく就任して初めての緊張感漂うご挨拶でした)。

kuri

続きまして、本題の講演、今回は宅配寿司「銀のさら」でお馴染の

株式会社レストランエクスプレスの代表取締役 江見朗様のお話でした。

emi1

テーマは「怒らない経営『すべてに感謝する』生き方」です。

実践され「銀のさら」を日本一にした「怒らない経営」について非常に興味深いお話で、ご自身のこれまでの劇的な人生から、いかなることがあっても「怒ってはならない」という理解に至るまでの経緯とそのロジックをお話頂きました。

emi2

講演後の質疑応答では「怒る」と「叱る」の違いについて質問がありましたが、精神論ではなく、明確に論理的にお答え頂きました。

emi3

終了後の各席でのディスカッションも大いに盛り上がりました。

emi4

最後に頂いたアンケートの中から今回の講演の感想についてご紹介します。

「以前は相手を受入れポジティブにやっていましたが、ある時から怒る事で「アメとムチ」の使い方をやっていました。しかし、今日の話しを聴いてもっともっと相手を思いやる自分の考えで良かったと思いました。明日から常にポジティブに“感謝の気持ちをもって”接していきたいと思います。」

「経営者だけでなく、社員側も「自発性」をもった生き方になっていく事が大事だと感じました。相対的幸福(モノなど)よりも、困難をも喜びに変える「絶対的幸福」に重点を置いて戦っていこうと決意しています。」

「怒りとは不安と不満であり、無知で感謝の気持ちが欠落しているからだと江見社長は仰っていました。日常生活をしていると、人間関係でいろいろな葛藤がありますが、それは相手だけでなく自分にも足りない所があるという事で思い出させてもらっているのだと感謝して、相手は自分の鏡だといわれる様に、自分の内側を見直していきたいと思いました。」

改めまして江見社長、本当にありがとうございました。

また、今回ご出席いただいた皆様にも感謝申し上げます。

【出席数】

会員:81名、オブザーブ:78名、合計:159名

このエントリーをはてなブックマークに追加